あきらめない! 広島ドラゴンフライズ

2017.12.11 by 金子文

プロバスケットチーム
広島ドラゴンフライズの試合を
観戦しました!

 

広島ドラゴンフライズのHPはこちら
https://hiroshimadragonflies.com

 

今日試合を観戦できたのは
広島ドラゴンフライズの
2017-18シーズントップパートナー

HIROSHIMA never gives up.
Basketball never stops trying to change the world.
What about you 株式会社

代表取締役 生岡 直人さんが招待して下さった
からです。

HIROSHIMA never gives up.
Basketball never stops trying to change the world.
What about you 株式会社

ってすごく長い社名です。
この社名はどういう意味が
聞いてみました。

生岡

この社名を日本語に直すと

「ヒロシマは決してあきらめない。
バスケットボールは世界を変えることをあきらめない。
あなたはどうする?」

という意味になります。

 

どうしてこんなに長い社名になったのかと
いうと

生岡

スポンサーとしてご支援させて頂くからには
“言葉”でもご支援できればと思い、

広島ドラゴンフライズを応援する
新会社を設立し、
ドラゴンフライズの社長やチームのビジョンを
社名しました。

という生岡さんの想いが
あるからです。

広島ドラゴンフライズを応援するために
会社を設立したというのも大胆ですが、

さらに、ビジョンを社名にする
というのも驚きの発想です。

 

私はこの社名を聞いた時、
その名前の長さと内容にとても興味を
持ちました。

なので生岡さんにお会いした時に

 

「広島をあきらめないって
どういうことですか?」

 

「バスケでどう世界を
変えていこうとしているのですか?」

 

とこのビジョンにどんな想いが詰まって
いるのか知りたくて、

矢継ぎ早に質問していました。

 

話のきっかけづくりが上手いです。

生岡

このビジョン(社名)が、
プレーヤーの皆さん、広島県の皆さん、
バスケットボールに携わる皆さんをはじめとする、
多くの方々に伝わり、
少しでも勇気やあきらめない気持ちが湧き立つ
きっかけになればと思っています!

(スポンサーボードのロゴを指差して微笑む生岡さん)

(会場でもスポンサーとして
HIROSHIMA never gives up.
Basketball never stops trying to change the world.
What about you 株式会社が紹介されます)

 

選手のユニフォームにも社名が入りました!

ユニフォームに馴染むように社名を入たいと
いう生岡さんのこだわりで、

すっきりとした仕上がりになっています。

 

あれ?
だけど、字がさかさまになっています。

どうしてなのでしょうか?

 

生岡

字が逆になっているのは、
ユニフォームを着ている
選手に読んでもらうためです。

 

試合中に辛くなって選手が
かがんだ時、
ちょうどこの社名が選手の目に
飛び込んできます。

このフレーズを読んだ選手が奮起して
激しい試合を戦い抜いてくれることを
祈っています。

 

細部にこんなしかけが隠されていたとは、
生岡さんの発想力すごいです。

試合開始前

 

開始前のコートでは、
選手たちがウォーミングアップをしています。

 

さすがバスケットの選手、みんな背が高いです。

両チームでいちばん背が高いのは
岩手ビッグブルズの
マイケル・ビューキャナン選手。

なんと214㎝です!

 

広島ドラゴンフライズで
一番背が高いのは

クリント・チャップマン選手
208㎝

 

一番背が低い選手でも
180㎝は超えていますが、
2m超えの選手の前では小さく見えます。

 

バスケットのゴールの高さは305㎝です。

標準的なマンションの天井高は205㎝なので、
ゴールは天井よりさらに55㎝も高いことになります。

(試合前の練習風景)

 

試合の前から会場は音楽や照明でショーアップされていて、
盛り上がっています。

 

ドラゴンフライズの選手入場を
チアガールが盛り上げます。

いよいよ試合開始

(写真:広島ドラゴンフライズのFBページより)

 

機敏な動きで巧みにディフェンスをかわし
目にもとまらない早業パス

走りながらのチームプレー

高さ305㎝のゴールに上からボールを
叩き込むダンクシュート

そのジャンプ力は
空中で一瞬止まっているかのように
見えます。

 

派手な音楽、照明や映像で
エンターテイメントとしても

迫力満点の試合展開に思わず手に汗を
握ります。

ドラゴンフライズが攻めている時と
守っている時では音楽や声援が違う
ということも初めて知りました。

 

休憩の間にはチアガールの
キレのいいダンスが披露され、
飽きることがありません。

 

(試合の展開を真剣な眼差しで見守る生岡さん)

 

今日の試合は

広島92-49岩手で圧勝でした。

 

前日も接戦を制して勝利し、
勢いづいています。

 

ロゴの入ったユニフォーム

試合終了後、ロビーにいると
広島ドラゴンフライズ 浦 伸嘉社長が生岡さんに
ユニフォームのズボンを持って来て下さいました。

 

浦社長とチームの想いがこもった
ユニフォームを持って
チアガールも一緒に記念撮影。

 

 

チアガールのお姉さんたちは、
笑顔で写真撮影に応じたり、

寒い中、最後のお客さんが帰るまで
お見送りをしていました。

みなさん、とってもチャーミング。
季節柄サンタクロースのコスチュームが
かわいいです。

広島ドラゴンフライズ 浦 伸嘉社長のビジョン
浦社長

B2のドラゴンフライズは
朝山 正悟選手兼ヘッドコーチ、
北川 弘キャプテンを中心に

B1入りを目指します。

これからのドラゴンフライズの頑張りを
たくさんの方に見てもらうことで、
勇気やあきらめない気持ちを伝えて行きます。

戦争で壊滅的な打撃をうけながらも
見事に復興した広島。

広島には平和を語る正当性があります。

広島からバスケットを通じて世界に平和を
発信してきます。

 

5年後に焦点を置いて

広島ドラゴンフライズの新たなチャレンジが
始まりました。

 

熱い想いを持って、それを人に語ると
共感してくれる人が現れます。

フォロワーが一人、二人とふえて、
やがて大きなうねりとなっていきます。

 

広島ドラゴンフライズの浦社長と

多くの会社のビジョンを実現
してきた敏腕コンサルタントの生岡さんが

タッグを組んだことで、
広島に新たな旋風が巻き起ころうとしています。

 

今日生岡さんたちとドラゴンフライズの
試合を見たことで、
この旋風に一緒に巻き込まれて

ともに成長して行くのも楽しそうだなと
思いました。

 

広島ドラゴンフライズを
応援します。

 

(一緒に観戦した仲間とパチリ)

 

広島ドラゴンフライズ
HPはこちらの画像をクリック!

The following two tabs change content below.
金子文

金子文

あなたのビジネスに直結する旬の情報お届けします! 全国で講演する講師は大阪の次は福岡に行ってしまうことが多いです。 「広島を素通りしないで!」という思いで有名講師のセミナーを広島で主催しています。広島に居ながらビジネスの最前線の情報をゲットできますのでセミナー案内をお見逃しなく!

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加