期待を超える”おもてなし”ー 宮島 菊乃家 ー

2019.02.06 by 金子文

期待を超えるおもてなし 宮島 菊乃家

2019年1月23日に日本三景の一つ
広島の宮島にある
ホテル「菊乃家」さんに仲間と宿泊しました。

なんと菊乃家さんが心からの”おもてなし”を
して下さり、サプライズの連続でした。

今まで宿泊したホテルで
こんなおもてなしを受けたことが
なかったのでとても嬉しかったです。

我が家のようにくつろげる
菊乃家さんの”おもてなし”について
レポートします。

(菊乃家 菊川 泰嗣社長)

菊乃家さんに宿泊したきっかけ

今回宮島で合宿をしようと思ったのは
1月24日に広島でキャッシュフローコーチ協会の
強化研修会を開催することになったからです。

キャッシュフローコーチ協会とは
経営数字を使って、経営者の本業の発展に
貢献するコーチのコミュニティーです。

せっかく全国から仲間が広島に集まるので
私は都合がつく方は
是非宮島に宿泊して頂きたいと思い、
研修会の前日に合宿を企画したのです。

宮島で宿泊するなら
キャッシュフローコーチの
稲葉 琢也先生の顧問先の
菊乃家さんに宿泊
してみたいと思いました。

(株式会社ビズサポート
稲葉 琢也社長)

菊乃家さんは2017年に
日本全国約30,000の登録宿泊施設の中から
過去1年間において、顕著な実績をあげ、
高い評価を得られた宿泊施設を表彰する
楽天トラベルブロンズアワード
楽天トラベル日本の宿アワード

をW受賞されました。

 

さらにJTB協定旅館ホテル連盟広島支部の
宿泊アンケートサービス部門でも
1位を獲得されている人氣のホテルです。

 

今でこそ、人氣ホテルで
経営も順調な
菊乃家さんですが、

なんと5年前は
前社長の借金が原因で
倒産寸前まで追い込まれて
いたそうです。

その状態から今の菊川社長、松本支配人
ホテルのスタッフ、コンサルの稲葉先生が
力を合わせて再生されたのです。

私はたった5年でどうやってここまで
人氣のホテルになることができたのか、

口コミNo.1の秘密は何なのか
とても興味がありましたので
この機会に泊まってみることに
したのです。

事前に下見に行くと菊川社長が
館内を案内して下さいました。

館内は清潔に心地よくに整えられて
いましたが、
”まぁ、これくらいはどこのホテルも
やっているよね”
という感じで、その時は菊乃家さんの
人氣の秘密はわかりませんでした。

 

松本支配人の想い

合宿に先立って、菊乃家さんの
松本支配人から

「広島市内に行ける日があるから
お会いして打ち合わせをさせて
頂けませんか」と連絡を頂きました。

私は広島に住んでいるとはいえ、
宮島の菊乃家さんまでは
JRと船を乗り継いで
片道1時間くらいかかるので、
打ち合わせは電話でしようと思って
いたのです。

でも、松本支配人が時間を作って
広島市内に来て下さったので、
お会いしてゆっくり打ち合わせを
することが出来ました。

その時松本支配人が
「東京の青山にある
『カシータ』というレストランの
サービスを見て
本当のサービスとはこういうことだったのか!
と衝撃を受け、
お客様にこんなサービスをしたい
と強く思ったんですよ」

というお話を聞かせて下さいました。

『カシータ』は
”日本一お客様に真剣なレストラン”
と言われている有名なレストランです。

私は『カシータ』には
行ったことはありませんが、
お客様の心に寄り添い感動を演出する
おもてなしの素晴らしさは
噂に聞いています。

「カシータのようなおもてなしで
お客様に喜んで頂きたい」という
松本支配人のお気持ちを聞いて
”おもてなしの心”を
大事にされているのだなと
いう印象を受けました。

その後何度か松本支配人と
メールでやりとりを
しましたがその丁寧な対応に
宿泊時にどんなサービスが
受けれるのだろうと
期待が膨らみました。

菊の家さんのおもてなし

宮島宿泊当日 宮島観光

キャッシュフローコーチの
メンバーに
宮島合宿を呼びかけると
北は仙台から、南は大分から
21人の仲間が参加してくれる
ことになりました。

宮島は初めてという方や
高校の修学旅行以来という方もいて
皆さん、とても楽しみにして
下さっています。

冬なので、雪などによる
交通機関の乱れを
心配していましたが、

合宿当日朝起きてみると
雲ひとつない晴天です。

1月なのにポカポカ陽気、
しかも
お昼が満潮で夕方が干潮という絶好の潮位と
三拍子揃った宮島観光日和でした。

このお天気なら
青い海と朱の厳島神社のコントラスト
潮の満ち引きで変わる宮島の風景を満喫
頂くことができます。

私はみんなが喜ぶ笑顔を想像して
心が弾みました。

宮島の見所はなんといっても
海の中に建っている厳島神社です。

満潮時は厳島神社が床下まで海に浸かり、
まるで海に浮いているかのように見えます。

23日は11時が満潮でした。

12時から潮位が下がり始めるので、
私は少しでも潮位が高い状態の
厳島神社を見てもらいたいと思い、
JR宮島口駅に着いた方から順次
グループを作って
船で宮島に渡ってもらいました。

 

宮島桟橋では菊乃家さんが車で待機して
スーツケースなどの大きな荷物を
預かってもらうことになっていました。

宮島は歩いて観光するので、
大きな荷物を預かってもらえると
身軽に観光できるのです。

 

 

全員が揃って宮島に渡ると
荷物の預かりも一度で済むのですが、
3グループに分かれたし、
夕方到着する方もおられたので
菊乃家さんに桟橋とホテルを
何度も往復してもらうことに
なりました。

お手間をかけて
申し訳ないなぁと思いながら
お願いすると松本支配人が
「大丈夫ですよ!」と快く
フットワーク軽く動いて下さったので
ほっとしました。

おかげで、先発隊は満潮時の
厳島神社を見ることができ
大喜びです。

私もこの風景をみんなに見てもらうことが
できて企画をした甲斐があり
よかったです。

厳島神社参拝後
広島名物のお好み焼きを食べ、

大聖院や千畳閣など宮島の名所を
見てまわりました。

歩き疲れたところで、
いったん菊乃家さんに帰り
足湯カフェで一休み。

温かいお湯に足をつけて、
まったり空を見ながら飲むワインは
格別です。

 

夕方になって潮が引いてきたので、
足湯で元氣を取り戻した私たちは
また厳島神社まで歩いて行きました。

(干潮の厳島神社)

お昼には床下まであった
海水が見事に引いていました。

大鳥居の下までいくと
改めてその大きさに圧倒されます。

 

夕焼けで赤く染まった空に堂々と
そびえる大鳥居、カッコよかったです。

 

 

大鳥居から帰ってくると
菊乃家さんの玄関も灯りが灯って
風情があります。

 

玄関とフロントの横に
「歓迎 キャッシュフローコーチ協会様」
とウェルカムボードが掲げてあり、
キャッシュフローコーチ協会の
ロゴマークも入っています。

私たちは協会のロゴに誇りを持っているので
ウエルカムボードに協会のロゴが入っている
ことをとても嬉しく思いました。

夕食を19時からお願いしていましたが、
思ったより早くホテルに入れたので、
30分早めてもらおう
ということになりました。

21人分の食事だから
夕方からの変更は難しいかな
と思いながら

松本支配人にお願いしてみると、
すぐに調理場と相談して
了承して下さいました。

臨機応変に対応して
下さって有難いです。

だけど、これは
菊乃家さんのおもてなしの
ほんの序の口だったのです。

夜の宴会でのサプライズ

チェックインして
部屋に入ると、
とても居心地よく
整えられています。

外を見ると
大鳥居が目に飛び込んできました!

何と部屋の窓から大鳥居が
見えるのです。

 

部屋に居ながらにして大鳥居の
ライトアップが見れるなんて
とても贅沢なロケーションです。

(日が暮れて暗闇にくっきりと
浮かび上がる大鳥居)

夕食までに大浴場で
気持ちよく汗を流し、

宴会場に行くとスタッフが入口で
「いらっしゃいませ!お待ちしておりました!」
と元氣な挨拶と笑顔
で迎えて下さいます。

”本当に待ってくれていたんだな”と
感じられる挨拶で、
テンションが上がります。

会場に入ると正面に大きく
「歓迎 日本キャッシュフローコーチ協会 御一行様」
と横看板!

大きな文字で書いてあると
スタッフの皆さんの氣持ちが
伝わってきます。

みんなもこの横看板を見て「おっ」
と感動しています。

看板はよく見るとA4のコピー用紙に
2文字ずつプリントして
繋ぎ合せて貼ってあるのですが、
この手作り感がとても好感が持てました。

さらに、メンバーの一人が
「あっ協会のロゴ!」と
壁際のテーブルに置いてあった乾杯用の
シャンパンに協会のロゴが貼って
あるのに氣がつき、
会場がどよめきます。

 

 

さすが『カシータ』仕込みです。

宴会に先立って女将さんから
挨拶がありました。

女将さんは5年前の
倒産危機から脱出できた
ことについて

「今の菊乃家があるのは、
稲葉先生のおかげです。

稲葉先生がいらしたおかげで、
大変な状態からV字回復ができたのです。

ありがとうございます」

と感謝されていました。

「稲葉先生、さすがだね〜。
顧問先からこんな風に
感謝されると
コンサル冥利につきるね」

とメンバーから大きな
拍手が起こりました。

私も稲葉先生のように
顧問先のお役に立ちたいです。

女将さんの挨拶のあと、乾杯の準備です。

グラスに協会のロゴが入った
シャンパンが注がれるのを見ると
みんな思わず笑みがこぼれます。

 

稲葉先生が乾杯の挨拶をされた時、

ちょうど参加者の
二郎さんのお誕生日でしたので

「二郎さんの
お誕生日のお祝いもかねて
乾杯をしましょう」

と言われみんなで乾杯しました。

(ボトルを持って記念撮影)

さぁ、食事をしようと箸を手に取った時
また「あれっ」と驚きの声があがります。

 

箸の巻紙を外そうと箸をひっくり返すと
巻紙が協会のロゴが印刷されたシールで
留めてあるのです。

 

それでまたみんなが
「おおっ芸がこまかい!」
と大喜びです。

 

 

さっそく、メンバーが協会のロゴが入った
シャンパンの瓶や箸の巻紙を
写真に撮って協会の代表者
和仁 達也(わに たつや)先生に送ると

和仁
うわ〜粋すぎる!

と和仁先生も大喜びです。

食事は旬の牡蠣をふんだんに使ったお料理です。
(牡蠣が苦手な方は別メニュー)
美味しい食事とお酒で会話が弾みます。

突然始まったお誕生日会

食事が終わりに近づいた頃、
いきなり会場の後ろ半分の電気が
消えました。

「あれ?何事?」と思っていると
ばちばちばちと何かが燃える
音が聞こえてきて・・・

 

 

ケーキに花火が刺さっている
お誕生日プレートが二郎さんの前に置かれ
ました。

 

みんなが驚いていると
二郎さんの後ろに
女将さんが忍び寄ります。

 

誕生日ケーキの帽子が
バサッと二郎さんに被せられ、

 

鍵盤ハーモニカの演奏でお誕生日会の
始まりです。

スタッフの皆さんがHappyBirthdayを
歌って下さり、会場は大いに盛り上がり
ました。

 

稲葉先生が乾杯の挨拶の時
「今日は二郎さんのお誕生日です」

と言われたのを聞いて
すぐに誕生日会の準備をして下さったのです。
これにはびっくりしました。

夕食が終わり、お誕生日会の
興奮が冷めないまま
会場を移動して二次会が始まりました。

(美味しい食事とお酒で満足のお二人)

そしてここにもサプライズの
仕掛けがありました。

菊乃家さんのロゴが入った
コースターをメンバーが何氣にひっくり返すと

なんと!
ここにも協会のロゴマークが!

 

プリントアウトした協会ロゴマークを
糊でコースターに貼り、丸く切り取って
あるのです。

 

この手作り感がまた、たまりません。

スタッフの皆さんが忙しい仕事の合間をぬって
21枚も用意して下さったのだなと思うと、
「ようこそ」の想いがひしひし伝わって
きます。

コースターの写真も
早速メンバーが写真に撮って和仁先生に
送ると

和仁
お心遣いがうれし過ぎる!

と喜びのコメントが返ってきました。

三次会は部屋に移動して部屋飲み。
わいわい心ゆくまで仲間と
語り合うことができました。

菊乃家さんの朝

 

朝起きるとこの日も大鳥居が
きれいに見えます。
潮が満ちてくる様子が見えました。

 

(ヘルシーで美味しい朝食)

野菜サラダもついて、
お盆に乗り切らないほどの
品数です。

しっかり元氣をチャージできました。

チェックアウトして
出発する時、菊川社長から
なんと!メンバー全員にお土産を頂きました。

しかも山田屋の桐葉菓!

桐葉菓はもっちりした食感で
美味しいので、

みんなお土産に買って帰る
つもりでした。
それが思いがけずここで
お土産で頂けるなんて感激です。

しかも、同じ袋が21あるので、
名前が書けるようにタグも
つてけて下さっていました。

菊川社長におもてなしの
数々のお礼を言って

荷物は菊乃家さんに車で運んで頂き、
私たちは宮島の風景を眺めながら
歩いて宮島桟橋へ向かいました。

船乗り場でまた驚いたのが、
松本支配人が
車から降ろしたスーツケースや鞄を
地面に直に置かず、
ブルーシートを敷いてその上に
置かれたことです。

お客様の大事な荷物を地面に置いて
汚してはいけないという配慮に
思わず唸ってしまいました。

最後まで心づくしのおもてなしに
感謝の言葉もありません。

細やかな心配り、
事前の期待を上回る”おもてなし”
さすがです。

菊乃家さんに宿泊して
口コミNo.1の訳が
わかりました。

「どうしたらお客様に
喜んでもらえるか」
絶えず、お客様を観察し、
ニーズを読み取って
先回りして対応されているのです。

お客様の「こうしてほしい」
という要望に”氣がつく”心配り、
私も学ばせて頂きました。

そして、何よりスタッフの皆さんが
”おもてなし”を楽しまれています。

私たちが喜んでいるのを見て
スタッフの皆さんもまた喜ばれて、
”楽しい、嬉しい”というプラスの
エネルギーが循環していました。

宿泊する前から
菊乃家さんのおもてなしが
始まっていたのだなぁと
思いました。

後味も最高!

合宿から帰ると松本支配人から
お礼のメッセージがありました。

この度のご宿泊、
誠にありがとうございました。
皆さん、本当に仲がよいですね!
毎日会っていらっしゃる
訳でもないのに。

そして、何かさせて頂くと
すぐに反応があり
喜んで下さる、とても
『おもてなしがい』
のある皆様でした。

私たちのグループが仲がよいと
褒めて下さって
嬉しかったです。

【宿泊したメンバーの感想】

おもてなしに感動しました。
感動だけでなく笑いもあって最高でした!
Sさん

こんな嬉しい誕生日は後にも
先にも今回限りでしょうね(^.^)
たくさんのおもてなしありがとうございました。
稲葉さんの乾杯時の一言から、
短時間でのバースデーサプライズの準備、
とても嬉しかったです^^
気配り心配りが細部に行き届いていて
素晴らしいお宿でした。
Jさん

宮島の絵葉書でお礼状を頂きました。
「楽しいグループでおもてなしをしていて
こちらも楽しかったです」との事でした。
こういう心配りが嬉しいです。
Aさん

忘れたネクタイを丁寧に梱包してくれて
お手紙つきで送ってくれました!
感動!
お礼のお電話ですっごい
心配してくれてたようで、
僕も「今年、もう1回、行きます!」
と予約宣言しました。
Uさん

二郎さんのプレートは
そんなに急いで
対応してくれたのですね
驚きました。

そしてチームワークの良さを
言ってくれたのは
嬉しいですね。
素敵な宿でした。
Tさん

菊乃家さん、最高のお宿でした!
食事がホント美味しかったです!
Kさん

宮島に来られることが
ありましたらぜひ
菊乃家さんにお泊まり下さい。

オススメのお宿です。
菊乃家さんのHPはこちら

菊乃家さんからのメッセージ

お泊まりになるすべての方は、
私たちの大切な家族の一人と考えます。

アットホームで親しみある雰囲気の中で、
日常を癒し、我が家以上に安心して寛いでいただきたい。

お客様と触れ合いながら、
お一人ひとりの望みを察し、
きめ細やかな気くばりと行き届いたお支度で、
滞在のどんなご要望も満たします。

The following two tabs change content below.
金子文

金子文

「自分で自分のことはわからない」と言われるように、あなたにはあなたが氣がつくことができていない素晴らしい魅力があります。私は魔法の質問であなたの魅力を深堀し、あなたが氣づくことができていない売りを引き出します。ご自分の魅力を発見したい方はぜひご相談下さい。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加